大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » [マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き » 2.相続を放棄するか決める(3カ月以内)

2.相続を放棄するか決める(3カ月以内)

ここでは、相続人が被相続人からの遺産を相続放棄するため、必要な手続きや効力などをまとめて紹介しています。

借金も継ぐのか?相続放棄をしたいぞマンガ

遺産相続放棄の手続きと効力とは

相続放棄とは、亡くなった人(被相続人)の財産を一切相続しないというもの。一度放棄してしまうと特別な事情がない限り、権利が再び戻りません。それゆえ慎重に判断しなければならない事項です。

遺産相続放棄の手続きは、相続の開始を知った日もしくは亡くなった事を知った日から3カ月以内に、家庭裁判所へ相続放棄の申し立てを行う必要があります。

しかし、被相続人の遺産の中にはプラスのものだけではありません。借金やローンといった「負の財産」もあるので、安易に承認してしまうと相続人にとっては不利益になってしまうリスクがあります。

そこで、相続が開始すると相続人は3つの承認方法の中から、被相続人の相続財産の承継について選んで、手続きを行うことができます。

相続方法の選択

手続きは、被相続人の最後の住所地にある家庭裁判所にて行われます。

相続人が複数人いる場合、単純承認と相続放棄は単独でできます。限定承認は単独で申し立てをすると、他の相続人に不利益となってしまいます。よって、相続人全員で行わなければなりません。

放棄による効力

相続放棄を行うと、その相続人は相続開始の時に遡り、相続の最初から相続人ではなかったことになります。ただし、自分が相続放棄の手続をしても複数人の相続人がいる場合は、他の相続者に権利が移行するだけなので注意が必要です。

もしマイナス財産が多いことが事前に分かっていて複数人の相続者がいる場合は、相続人同士のトラブル回避のためにも全員で相続放棄をすることをおすすめします。

相続に関する大事な情報がまだまだたくさんありますin大阪>>

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
相続については司法書士事務所で無料相談がおすすめ
サイトマップ

↑