大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » [マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き » 3.相続できる人を調べる

3.相続できる人を調べる

ここでは、遺産を相続できる人の範囲や相続人の順位、法定相続分について分かりやすく解説しています。

お前なんかに遺産相続してもらいたくないぞマンガ

遺産を相続できる人と目安となる相続額

亡くなった被相続人が残した財産を相続できる人は、民法によって法定相続人として定められており、相続が可能な親族の範囲と順位があります。

配偶者は常に相続人となる権利があり、婚姻関係のある男女の間に生まれた子供にも相続権が発生します。

たとえ、夫婦関係が離婚状態で別居していても、戸籍上で婚姻関係が確認できれば相続権があります。ただし、籍を入れていない内縁関係の場合には相続権がないため、遺産を相続する権利がありません。

相続出来る人と順位

相続の範囲や順位だけでなく、遺産の相続分も民法によって定められています。これを「法定相続分」といいます。

相続のパターン

亡くなった人に配偶者がいない場合は、先順位の相続人が単独で相続人となっていきます。

第1順位:子供がいる場合

子供は第1順位で相続人になります。相続人になるはずの子供が死亡している場合は、その孫が相続人(代襲相続)となります。

ただし、甥や姪が死亡していても、その甥や姪の子供までは代襲相続人となりません。

第2順位「子供や孫がいない場合」

直系卑属である父母ともに死亡している場合は、祖父母が相続人となっていきます。

第3順位「子供や孫、直系尊属がいない場合」

相続人が存在しない場合

相続人不存在制度というものによって、家庭裁判所が相続財産管理人を選任し遺産整理が進められていきます。

相続管理人は、家庭裁判所での公告などの手続きをして財産の清算をしていきます。被相続人と特別な縁故者がいると認められた場合は、清算後に残った相続財産を与えることができます。

このページを見れば、相続の流れが分かります!in大阪>>

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
相続については司法書士事務所で無料相談がおすすめ
サイトマップ

↑