大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » 相談する前に知っておきたい遺産相続の知識 » 銀行・弁護士・司法書士・税理士の業務の違い

銀行・弁護士・司法書士・税理士の業務の違い

このページでは、相続問題の主な相談先として銀行や弁護士、司法書士、税理士の4つの専門家の特徴や取扱業務をまとめています。

相続相談の専門家の業務を知ろう

相続なんて経験したことがない人にとっては、相続のことをまず誰に相談すればいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。相続などまだまだ先の話だなんて先延ばしにしているとある日突然、いざ発生した時に思わぬトラブルに発展してしまうなんてこともよくある話です。

スムーズな相続を進めていくためには事前準備はもちろん、第3者として相続問題をサポートしてくれる専門家が必要になってきます。

そこで頼りになる相続問題の主な専門家として、まずは信託銀行・弁護士・司法書士・税理士の4つに分類しました。それぞれの業務の特徴を比較してみましたので、相談先を決める時の参考にしてほしいと思います。

信託銀行

信託銀行には相続問題の相談先としてのイメージがあまりないかもしれません。ただ最近では高齢者向けのサポートプランが充実していて、遺言の作成や執行に関する遺言信託というものがあります。

とはいえ専門的な相続の手続き・業務が必要となった場合には、弁護士や司法書士などを紹介してもらうことになります。紹介の際には銀行から各方面の専門家への依頼費用が生じることとなり、相談費用はトータルで大きくなる可能性も。

弁護士

相続問題といえば、まず最初に弁護士を思い浮かべる人が多いはず。なんといっても法律のスペシャリストとして、相続のトラブルで訴訟沙汰になった時に活躍してくれます。

相続に関する法的な幅広い問題に、柔軟に対処してくれるところもポイントの1つ。相談費用は高額になってしまいますが、その時に必要となる的確なサポートが受けられます。

司法書士

弁護士よりも低コスト、かつマルチな相続問題に臨機応変に対処してくれる存在です。相続に関する相談窓口として多くの人が利用しています。

もめにもめたなどの大きな訴訟以外の案件については、相続問題に詳しい司法書士であれば全てお任せすることが可能です。特に遺産の中に土地や建物といった不動産がある場合、登記関係のことは最終的に司法書士に対応してもらうことになります。

「この相続問題は弁護士」「あの問題は税理士」と、いろいろな専門家に依頼するよりもスムーズに問題を解決することができると思います。

税理士

相続する財産が多い場合、気になってしまうのが税金の問題です。専門知識がないと無駄なお金を支払ってしまうケースもあるので、税理士に相談することをおすすめします。

節税を考えながら効率的な遺産分割などをアドバイスしてくれるので、生前から相談しておくと相続が始まってからも安心です。

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
相続については司法書士事務所で無料相談がおすすめ
サイトマップ

↑