大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » 相続でよくある相談事例 » 遺言書を作りたい

遺言書を作りたい

ここでは相続時における遺言書の作成方法やその種類、また遺言書の効力を生かして行えることなどを事例を交えながら、分かりやすく解説しています。

遺言書がもたらす相続の効力とは

最近では「終活」という言葉が浸透し、メディアなどでもエンディングノートや遺言書といったものが取り上げられています。自分の人生の最後にどう向き合っていくのかについて、関心が深まってきています。

特に自分に万が一が起きた場合、残された家族のために大切な役割を果たす遺言についてまとめてみました。

遺言書の種類

遺言書とはただ自分の意思を書き残しておけば良いというものではありません。法律で定められた項目が記載されていないものは遺言書の効力がなく、無効となってしまうので要注意です。

主に民法で決められている遺言の方式には、3つの種類があります。以下に挙げたのでチェックしておきましょう。

これらの遺言書の形式に沿った内容のものでないと、遺言書の効力はありません。それぞれの遺言書の特徴をよく確認した上で、作成するようにしてほしいと思います。

遺言書の効力

遺言書が持つ効力を利用してできる主なことについて、5つ紹介していきます。

1. 遺産相続に関して

2. 遺産分割方法について

遺言者は相続財産をどのように分割するか決めたり、分割方法を指名した第3者に委託できます。

3. 相続財産の処分方法

遺言者の財産は法定相続人に相続されることになっています。法定相続人以外の人や団体などにも、相続財産を遺贈できます。

4. 内縁の妻と子に関して

婚姻関係のない男女の間にできた子供(隠し子)を自分の子であると認知することができます。

5. 遺言の執行について

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
相続については司法書士事務所で無料相談がおすすめ
サイトマップ

↑