大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » 相続でよくある相談事例 » 残された遺産の分け方を決めたい

残された遺産の分け方を決めたい

このページでは、遺産の対象となるものや残された遺産の分割方法を解説。さらに遺産分割協議のやり方や流れについても詳細に説明していきます。

遺産分割協議とは?残された遺産の分割方法をチェック

遺言がない場合は、相続人同士で遺産分割についての話し合いを進めていかなければなりません。これを遺産分割協議といい、亡くなった被相続人の財産を分配する話し合いが進められていきます。

しかし、法定相続人全員の同意が必要となるので、こうした相続財産に関する相続人同士の話し合いはトラブルとなることが多く、円滑に進めていくためには遺産分割についての正しい知識を身につけておくことが重要です。

そこで、遺産分割をうまく行うために役立つ情報を集めてみました。ここで紹介していきたいと思います。

遺産分割協議の流れ

遺産と相続人の確定

まずは、戸籍謄本で法定相続人の確定を行います。続けて、相続の対象となる財産がどのくらいあるのか調査していきます。

遺産分割の通知

遺産分割協議は法定相続人全員の同意が必要となります。話し合いを行いたいことを全ての相続人に通知しなければなりません。

遺産分割協議

協議のやり方に決まりはありません。なので電話や書面でのやり取りも可能です。

相続人のうち1人でも同意が得られなかった場合は、その協議自体が無効となります。話し合いがまとまらなかった場合には、家庭裁判所へ委ねることとなります。

遺産分割協議書の作成

相続人同士で遺産分割の話し合いがまとまった場合は、後のトラブル防止のためにも遺産分割協議書を作成しておきましょう。それでも不安な方には、公正役場で公正証書として残しておくことをおすすめします。

相続人本人が署名して実印で捺印し、相続人全員の印鑑証明を添付して完成です。

遺産分割の対象となるもの

亡くなった被相続人の財産は全て遺産分割の対象になるかというと、相続財産の内容によっては分割対象にならないものもあります。どのようなものが遺産分割の対象から除外されるのか、以下ピックアップしてみました。

  1. 現金と金銭債権 ※但し相続人全員が同意すれば遺産分割の対象も可能
  2. 金銭債務
  3. 代償財産
  4. 死亡退職金
  5. 遺族年金
  6. 生命保険金

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
相続については司法書士事務所で無料相談がおすすめ
サイトマップ

↑