大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » 相続でよくある相談事例 » 相続税対策で生前贈与をしたい

相続税対策で生前贈与をしたい

ここでは、相続税の節税対策の一つとして行なわれている生前贈与について解説。メリットや仕組みなどもまとめています。

相続税対策として行なわれている生前贈与とは

相続税を軽減させるために有効な対策として知られている生前贈与。しかし、生きているうちに財産を贈与するだけでは、逆に贈与された財産に対して納める税金「贈与税」が発生してしまいます。

では、どのようにして生前贈与を行うのが効果的なのか。詳しく調べてみましたので、紹介していきたいと思います。

生前贈与の賢い利用法

一般贈与の基礎控除

一般贈与(暦年課税)とは、毎年贈与していく方法で、贈与税の上限である年間110万円の基礎控除を活用するものです。この制度を利用すれば1月1日から12月31日までの1年間、合計110万円の贈与であれば申告不要で課税対象にはなりません。

また、贈与を受け取る対象者も定められていません。そのため、子供や孫だけでなく血縁関係以外の人にも財産を受け渡すことが可能。贈与の相手が多いほど、非課税となる金額も増えて節税効果が高まります。

贈与する相手が多く、生前から計画的に準備ができる方にとっては、おすすめの生前贈与のやり方ではないでしょうか。

ただし、贈与して3年以内に贈与者が死亡して相続が発生した場合、贈与分が相続財産とみなされ相続税の対象となり加算されてしまうので注意が必要です。

相続時精算課税制度

相続時精算課税とは、一定の直系親族間の贈与のみに認められた制度です。贈与財産の種類に関係なく2,500万円までは贈与税がかからず、一度に多額の財産を贈与できます。

この制度は贈与税と相続税を一体化させたもので、贈与者が死亡して相続が発生した際には相続遺産と生前贈与で受けた財産を加算して、税計算が行われるのが特徴です。2,500万円を超えた部分に対して20%の贈与税がかりますが、相続税算出時に相続税が多くなった場合は差額が還付されるようになっています。

ただし、適用の対象者となるのは贈与者が60歳以上の親または祖父母、受贈者は20歳以上の推定相続人である子供か孫に限定されてしまいます。

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
相続については司法書士事務所で無料相談がおすすめ
サイトマップ

↑