大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » 相続でよくある相談事例 » 預金や証券の相続をしたい

預金や証券の相続をしたい

ここでは、亡くなった被相続人の預金・証券の相続手続きや、凍結されてしまった口座の解除方法などについて、役に立つ情報をまとめてみました。

預金の相続に役立つ基礎知識

預金口座は名義人が亡くなっても、家族であれば簡単に引き出すことができるものと思っていませんか。

原則として預金などの銀行口座は、名義人が亡くなった事実を銀行が知った時点で全ての取引を停止し、凍結されるようになっています。これは、預金などの口座も名義人が死亡したことで相続人全員の共有財産となるため、相続人同士が不正に引き出したりするトラブルを防ぐためのものだからです。

たとえ名義人が死亡してから預金口座が凍結していなくても、不用意に預金を引き出すことはNG。相続の妨げとなる元です。

出金に限らず公共料金や引き落し等の取引も一切できなくなってしまいます。凍結した際に困らないよう事前に変更できるものは、他の名義に変えておくことがおすすめです。

預貯金の相続前に確認しておきたいこと

まず初めに、預貯金の相続をする前に行っておきたいのが、どの金融機関にいくら預金されているかのチェック。通帳があればすぐに分かるかもしれませんが、中にはネットバンキングなどを利用している場合があるので、正確に把握しておきましょう。

また、金融機関によって相続手続きに必要な書類は異なります。そのため、どういったものが必要なのかまとめておくと、スムーズに手続きしやすくなります。

凍結口座の解除方法

口座が凍結されている場合、遺言書の有無によって凍結を解除する手続きが異なります。

遺言書がない場合

まず、銀行に相続発生の届け出と、預金残高証明書の発行手続きを行います。そして以下の必要書類を準備しましょう。

遺言書がある場合

手順は遺言書がない場合と同様ですが、準備する書類が異なります。

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
サイトマップ

↑