大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » 相続でよくある相談事例 » 不動産の名義を変えたい

不動産の名義を変えたい

ここでは、不動産の相続に必要な名義変更手続きの仕方を解説していきます。また、その際に必要になってくる書類や、注意事項などについてもまとめています。

知っておきたい!不動産の名義変更と相続手続き

亡くなった被相続人の財産の中に不動産があった場合、必ず行わなければならないのが所有者の名義変更の手続きです。不動産の名義変更が必要となるケースは、遺産相続や生前贈与、財産分与、不動産売買などが挙げられます。

法律上では、これら名義変更の登記の期日は定められていません。ただ、不動産は手続きをしなくても一定期間他人に占有されていると、その人の財産となってしまう「時効取得」というものがあります。さらに不動産を売却して手放す場合にも必要となる手続きなので、名義変更は早めに行うようにしましょう。

不動産名義変更の相続手続きの流れ

一般的なケースでの手続きの進め方と、必要書類について紹介していきます。

1. 登記に必要な添付書類の準備(1~2週間)

2. 登記申請書と添付書類の作成

3. 法務局へ提出

4. 法務局の審査後、1~2週間で権利書を受け取り完了

不動産名義変更にかかる費用

基本的には、不動産の名義変更は特別な知識がなくても手続きを行うことは可能です。ただし、相続の状況や内容によっては揃えなければならない書類が多くなり、不慣れな方だと手間や時間ばかりがかかってしまうこともあります。

そのような時は、登記の専門家である司法書士に依頼するのがおすすめ。書類の不備などの心配もなく、煩わしい作業も全てお任せすることもできるので安心です。

また費用相場も5万円程度なので、法務局や役所に何回も行く手間を考えれば、効率よく手続きをしてもらえるので便利だと思います。

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
サイトマップ

↑