大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » 相続でよくある相談事例

相続でよくある相談事例

年々相続に関する相談は増加傾向にあります。では、相続人たちは実際にどのような悩みや問題を抱えているのか、主な相談事例をまとめてみました。

相続の相談事例をピックアップ!

家族や親族と円満な相続を行うために、よくある相談内容の中から比較的多い6つのケースをピックアップしてみました。相続の際に参考にしてほしいと思います。

残された遺産の分け方を決めたい

被相続人の財産は遺産分割が確定するまでは、相続人の全員共有財産となります。そこで、遺産分割の対象となるものを仕分けて具体的な分割方法を決めていく必要があります。

残された遺産の分け方を決めたい人は>>

預金や証券の相続をしたい

亡くなった人の預貯金は家族であっても、自由に引き出せなくなってしまいます。 遺言書がある場合は金融機関に持っていき、遺言がない場合は遺産分割協議書を持っていって名義変更を行います。

預金や証券の相続をしたい人は>>

不動産の名義を変えたい

被相続人が所有していた不動産を遺産として相続した場合、不動産登記簿の名義変更を行わなければなりません。登記の申請には時間がかかるので、売却などを考えている方は相続登記に早く着手するようにしましょう。

不動産の名義を変えたい人は>>

遺言書を作りたい

争いを招かないために、最近では「終活」として遺言書を作成しておく人が増えています。書式に不備があると無効となってしまうので、専門家に相談するケースが多いようです。

遺言書を作りたい人は>>

相続税対策で生前贈与をしたい

生前贈与は節税対策として注目されていますが、実は残された遺族たちが相続争いをせずに遺産を分配するのにも役立ちます。資産額や相続する人によって、いくつかの種類があります。

相続税対策で生前贈与をしたい人は>>

故人の借金を放棄したい

相続人は財産も借金も全て引き継ぐこととなるため、借金やローンなど不利益なものがある場合には損害が及ぶこともあります。遺産相続の承認の仕方には、放棄も含めていくつかの種類があります。

故人の借金を放棄したい人は>>

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
相続については司法書士事務所で無料相談がおすすめ
サイトマップ

↑