大阪で評判の遺産相続専門家!相談窓口徹底比較 » 相続問題を解決したケース集(大阪編) » 【ケース2】遺言ないんやけど、大丈夫なん?

【ケース2】遺言ないんやけど、大丈夫なん?

ここでは、遺言なしの状況で相続人の遺産分割をどのようにして行っていけばいいのかを詳しく解説しています。

遺言なしでも安心!相続人の遺産分割方法を教えます

亡くなった人の遺言書などが無い場合は、 相続人同士で遺産分割の話し合いをすることになります。

相続人同士が日頃から連絡を取り合って関係が良好であれば、比較的スムースに話し合うことが出来るかもしれません。ただ、中には音信不通で連絡先すら知らない、話もしたくないといった方もいるのが現状です。

そうした場合は家庭裁判所で調停を申し立てることになるため、遺産分割に数年かかるといったケースもよくある話。最終的には法定相続分に従って遺産分割が行われるので、財産を渡したい人に行き渡らないなんてこともあります。

以上のようなことにならないために、一体どのような解決策があるのか一緒にみていきましょう。

ケース2. 遺言なしでも相続争いせず遺産分割を行いたい!

相談前の状況

Aさんの遺産は建物の持分のみといった状況であるものの、亡くなったAさんの母親には前夫がいて相続人はAさんを含めて3人。

母親が亡くなる前からこの3人は親しかったわけでもなく、遺産分割といった話ができる間柄ではなかったので、どのようにしたらいいのか困っていました。

解決策

遺産分割協議をスムーズにすべく相続人同士の連絡は一切行わずに、全て第3者を介してやり取りを行っていくことにしました。

連絡の中継を専門家が行うことで、相続人の持分や必要な書類・手続き等がすぐに進められるだけでなく、相続人が抱いている疑問点を解消したりトラブルにならないようフォローしていきます。

相談後の結果

相続人同士で行っていたらトラブルに発展していたかもしれませんが、専門家が介入することでお互い接触することなく、最終的には全員が納得の形で遺産を分割し、登記申請することができました。

相続人同士の関係に不安がある方は、専門家にお任せするのが一番!長期化すると良いことはないので、早い段階から視野に入れておくことをおすすめします。

遺言書なくても大丈夫!大阪の相続相談先リストです>>

【免責事項】このサイトは2016年5月現在、個人が調べた内容を基に構成しています。
最新の情報を知りたい方は、各相談窓口の公式サイトをご確認くださいませ。

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き

[マンガで解説]誰でもわかる相続の手続き
相談する前に知っておきたい遺産相続の知識
遺産相続の相談ができる専門家一覧
相続でよくある相談事例
相続問題を解決したケース集(大阪編)
相続については司法書士事務所で無料相談がおすすめ
サイトマップ

↑